新年第1週の活動報告

連合栃木2018 新春のつどい 挨拶

咳が止まらず元気がちょっとありませんでしたね…

・1月5日

風邪まで越年してしまいましたが、新春最初の活動は、1月5日支援団体でもある17時過ぎから日本エボナイト労働組合、連合栃木の2件の旗開きでのご挨拶から。
佐野と宇都宮での開催でしたので2件目の連合栃木の新春旗開きは遅参しましたが挨拶にはなんとか間に合いました。

まだ議員になって一年経っておりませんが、初めの選挙は若さ、そして期待感によるご支援をいただきました。残り任期3年と4ヵ月で、少しでも実績を残せるように、一歩一歩会談を踏み外さないように活動してまいります。

・1月6日

文化会館にて開催された佐野市新年祝賀会・佐野市表彰式に来賓として出席。昨年まで、私と同じ労働団体から支援をうけ、議員を務められておりました、山口市議、大川市議が表彰されてました。長年にわたる市政への貢献、私自身も先輩議員に早く肩を並べられるよう、精進してまいります。
ただ、まだ咳がでており、檀上で咳き込まないように我慢してましたが、15分が限界でした…
早く治さねば…

・1月7日

佐野市では今日が成人式の式典でした。いやあ正直息子娘がいない限りは成人式なんて二度も出席しないと思っていましたが、来賓として出席。皆さん本当に若い!正直羨ましい!お前にもそんな時期はあっただろう!という突っ込みが入りそうですね。さて式典は時間通りに恙なく進行。新成人の皆様の輝かしい未来のためにもよりよい佐野市にしていかなくてはなりませんね。

新成人の皆様へ

岡部市長や井川議長よりメッセージがありました。お二方とも大変素晴らしいメッセージを書かれていました。

私からも少しだけ皆さんに送るメッセージを届けたいと思います。

皆さんには、失敗を恐れずにチャレンジする心を持ってこれからを過ごして欲しいと思います。人生はチャレンジの連続です。成功する為には、それ相応の努力を誰しもがしています。しかしながら、その努力が必ず報われるかどうかは定かではありません。ただし、その失敗から学べるものも必ずあります。立ち止まる事も必要ですが、その後いかに立ち上がる事ができるかが大切です。私自身も、38年生きてきた中で、成功体験なんて僅かしかありませんでしたし、決して順調ではありませんでしたが、いまは有権者の付託に応える立場の人間になりました。どんな人でも、人生の分岐点は必ず訪れ、自分で「決断」しなければならない時は必ず来ます。その時には自信をもって決断できるように、常日頃から努力を怠らないようにすればきっと後悔しない人生になるはずです。ぜひ皆さんには、一人で責任が伴う、これからを後悔ないように歩んでください。

新成人の皆さんのこれからに幸多いことをご祈念いたします。

私も今の立場でたとえ失敗したとしても再チャレンジしやすい社会づくりをしていきます!